効果と安全性はどんなもの? トレチノインの実態

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

美白効果が謳われている成分は世の中にたくさんあります。そんな中でも、とりわけ有名なもののひとつがトレチノインです。現在では、トレチノインが配合された美容化粧品も多く出回っていますから、ご存知の人も多いことでしょう。

女性であれば、誰しも気になるのがお肌の色です。見える部分はもちろんのこと、見えないデリケートゾーンの黒ずみやシミなどもやはり気になるところ。

ここでは、そんなスキンケア成分として有名なトレチノインについて、効果や安全性をまとめてみました。

トレチノインでターンオーバーを活性化

黒ずみもシミも、直接的な原因は色素沈着です。皮膚の色の素であるメラニンが必要以上に生成され、それがそのまま皮膚細胞の奥深くに定着してしまうことで、黒ずみやシミができあがります。

つまり、皮膚細胞を生まれ変われさせること(=ターンオーバーの活性化)ができれば、黒ずみは解消することができるというわけです。

トレチノインは、科学的には「ビタミンA誘導体の一種」だと説明されます。ビタミンA誘導体は細胞の新陳代謝を活性化させるはたらきを持っていますから、古く汚れた皮膚細胞を取り除き、新しく美しいお肌として生まれ返らせてくれます。

しかし、ビタミンA誘導体であれば何でもよいということではありません。一般的なビタミンA誘導体では皮膚の層の奥深くまでは浸透してくれないためです。これでは、新しめの日焼け痕を白くすることはできても、根深い黒ずみやシミには効きません。

そこへいくとトレチノインは、ビタミンA誘導体の中でも特に浸透力が強いという特徴をもちます。ただ表面的な色素を漂白するだけでなく、根源からお肌を生き返らせてくれる力を持っているということになります。いわば、すべての肌トラブルに使えるスキンケアの特効薬だといえるでしょう。

刺激が強すぎることに要注意

そんなトレチノインですが、効果が強いということは刺激が強いということでもあります。皮膚細胞の新陳代謝が活性化されすぎてしまうと、ターンオーバーのサイクルが早くなりすぎます。つまり、まだきれいなはずの皮膚まで剥けてきたり、ただれたりということに繋がるおそれがあるのです。

また、肌細胞が生まれ変わっている最中は皮膚が弱っています。この状態で大きな刺激を受けてしまうと、かえって根深い色素沈着を発生させてしまうことにもなります。

メラニン色素は本来、私たちの体にとって敵ではありません。紫外線などの刺激から皮膚を守ってくれる役割を果たしている、心強い味方なのです。そんなメラニンの生成を抑えてしまうわけですから、従来は平気だったような軽度の刺激でも大きなダメージを受けることになります。もともとお肌の弱い人の場合には、家の中にいても日焼け止めを塗らなければいけなくなるでしょう。

陰部への使用はリスクが高すぎる

黒ずみの中でも特に医師に相談しづらいのが、陰部の黒ずみでしょう。できることであれば誰にも相談することなくこっそりと治療をしたいものです。となると、市販のトレチノイン配合品を利用しようと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、陰部周辺はとても繊細で皮膚が薄い部位です。低刺激の薬品ですらよく考えて使わなければトラブルの元となりやすい部位なのですから、トレチノインのような刺激の強い成分はなるべく避けるべきです。

すでに説明したように、トレチノインには皮剥けを起こしやすいという作用があります。陰部のようなデリケートな部分が剥けてしまうと、炎症が起きていつまでも治らないということにもなりかねません。その場合、対策前よりもかえって酷い状態になってしまうことでしょう。

また、陰部はいつも下着によって摩擦されている場所でもあります。周辺に塗っただけのつもりでも、摩擦されるうちに粘膜にまでトレチノインが広がってしまうこともあるでしょう。

漂白効果こそ認められるものの、あまりにもリスクが高すぎますので、陰部の黒ずみ対策としては使用すべきではありません。陰部の黒ずみを消す方法でオススメなのは専用クリームや石鹸を使用することです。

気になるあそこも美白を実現!陰部の黒ずみを解消する方法

2017.07.22

まとめ

どのような成分も、特性をよく理解した上で上手に活用しなければ、かえって体に悪い影響を及ぼしてしまいます。ここまで説明してきたように、トレチノインはたしかに効果絶大の美白成分ですが、その取り扱いには充分に注意するようにしましょう。

特に、陰部への使用は絶対に避けましょう。それでしたら、陰部専用ケアクリームの『ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム』や『薬用イビサクリーム』などを使って安全に対策する方が望ましいです。

人気NO.1クリームの使用感は!?イビサクリームを徹底レビュー

2017.07.23

モデルにも人気のデリケートゾーン専用黒ずみケアクリーム『ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム』の実態を検証!

2017.07.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!