敵なの?味方なの?メラニンが作られるのはこんなとき!

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

シミやソバカス、そして黒ずみ。これらの肌トラブルは、すべてメラニンと密接な関係にあります。

メラニンとは、私たちの体のすべての色の素です。黒ずみやシミは、周囲の皮膚よりも色素が濃くなってしまうことで発生します。局所的にメラニンが多く作られすぎてしまったり、色素沈着を起こしてしまったりすると、色の濃さに差がついて結果的に黒ずみとして現れてしまうというわけです。

つまり、黒ずみを予防するためには、できるだけメラニンの生成量を防ぐようにすればよいということですね。

それでは、メラニンは一体どういったときに作られてしまうのでしょうか?

メラニンはお肌のバリア

美容や美白の観点からみると、どうしてもメラニンは悪者にされてしまいがちです。たしかに、メラニンさえなければ黒ずみもシミも起こりませんし、常に白く透き通った肌でいられるはずです。市販の美容化粧品の中にも、メラニンの生成を抑制する効果を持ったものが多くあります。

しかし、メラニンは人間の体から自然に作られる物質です。ということは、作られるだけの意味と理由がしっかりあるということです。それどころかむしろ、私たちが健康に生活していくためには必要不可欠な物質でもあります。

なぜなら、メラニンの役割はバリアだからです。私たちがふだん意識していすらいない部分で、メラニンは常に外的な刺激からお肌を守ってくれているのです。もしメラニンがなかったとしたら、私たちの肌はもっとシワだらけになったりボロボロになったりしますし、発ガン率も高くなってしまうことでしょう。

メラニンは外的な刺激によって作られる

つまり、メラニンはお肌が刺激を受けたときに、ダメージを最小限に抑えるために作られるというわけです。

最もポピュラーなケースとしては、日焼けを挙げることができます。日光には多くの紫外線が含まれていますが、紫外線は活性酸素を生み出す元凶です。そして活性酸素というのは、あらゆる老化の原因であるのみならず、免疫力さえも低下させてしまう力を持っています。紫外線は美容だけでなく健康の敵でもあるわけです。そんな紫外線から肌を守ろうとしてメラニンが作られた結果が日焼けになるのです。

黒ずみに繋がる原因としては、摩擦による刺激が代表的でしょう。私たちのお肌は日頃から絶えず摩擦を受けています。と、こう書くと、ふだん外に露出している部分の摩擦が気になるかもしれませんが、実は最も摩擦を受けているのはむしろ隠れている部分の方です。隠れている部分の皮膚は下着や服に常に触れているわけですから、ちょっとした動きだけでも生地とこすれて刺激を受けることになります。

刺激への対策をしないと逆効果かも……?

美白対策としては、メラニンの生成を抑制しようというアプローチの化粧品が目立ちます。たしかにこうした対策は有効ですが、メラニンが作られないということは刺激に弱くなってしまうという意味でもあります。

メラニンの生成を抑える場合には、刺激に晒される状況を極力減らすという対策も同時に行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!