気になる乳首のブツブツ!モントゴメリー腺の正体と対策

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

女性の体の悩みはなかなか他人に相談しづらいもの。特に、乳首や陰部といったふだん隠れている部分の悩みは一人で抱え込んでしまいがちではないでしょうか。

乳首に関する悩みはいろいろありますが、「乳輪のまわりにブツブツができている」というものもポピュラーです。また、「妊娠してからブツブツが大きくなってしまった」という悩みを抱えている女性も多いようです。バストというのは女性であることの象徴のような部位ですから、できることならブツブツのないキレイな乳首でいたいですよね。

このブツブツの正体というのが、モントゴメリー腺と呼ばれる皮脂腺です。スキンケアへの意識が高い人であればお馴染みかもしれませんね。このページでは、モントゴメリー腺の役割や対策についてご紹介していきましょう。

モントゴメリー腺っていったい何?

ブツブツでも健康面での害はなし!

まず誰しも気になってしまうのは、「ブツブツは病気なのかどうか」という点でしょう。
結論から言えば、ブツブツそのものに実害はまったくありません。なぜなら、モントゴメリー腺はもともと誰にでもある皮脂腺の一種だからです。目立つ人と目立たない人がいるというだけで、健康な人にも必ずモントゴメリー腺はあります。

ですから放置していたからといって病気になるわけではありませんし、ブツブツが増えたとしても健康的な問題は一切皆無です。医学的な面だけでいえば、まったく気にする必要はないということになります。

とはいえ、やはり美容の観点からいえば気になってしまうものです。では、このモントゴメリー腺とはいったいどういう組織なのでしょうか?

モントゴメリー腺は乳首を守ってくれている

モントゴメリー腺は皮脂腺ですから、皮脂を分泌します。皮脂というと「汚れの原因」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際にはある程度は必要なものです。皮脂がまったくないと肌が乾燥してしまいますし、皮脂があるからこそ雑菌の繁殖を防げているという側面もあるからです。

つまり、モントゴメリー腺が皮脂を分泌してくれていることで乳首や乳輪が保護されているというわけです。

この点を踏まえると、妊娠してからブツブツが増える理由も理解しやすいでしょう。乳首は赤ちゃんが吸い付く部分ですから、その力に負けないように保護力を強化しているわけです。また、モントゴメリー線から出る皮脂には独特のフェロモンも含まれているので、赤ちゃんのための目印として機能しているという説もあります。

どうしてもモントゴメリー腺を除去したい場合には

ここまで見てきたように、モントゴメリー腺は決して悪者ではありません。大きいからといって病気でもありません。医学的には、除去する必要はまったくないということです。

そのため、どうしても気になるという人が手術で除去する場合には、保険が適用されません。1つあたり1~5万円程度と、少なくない費用がかかるでしょう。また、乳首周辺にメスを入れるわけですから、万一失敗してしまった場合には傷が残る可能性もあります。

リスクを負ってまで本当に必要な手術かどうか、よく考えてから病院へ相談にいくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!