どこまできるの?乳首の黒ずみの病院治療

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

女性の最も女性らしい部分といえば、やはり胸。大きさや形など、バストに関する悩みを抱えている女性も多いことでしょう。特に、乳首の黒ずみでお悩みの女性は目立ちます。誰だって、真っ黒な乳首よりはピンク色の乳首のほうがいいですもんね!

悩んでいる人が多いだけあって、乳首の黒ずみの改善法はかなり確立されています。美白クリームの利用や生活習慣の改善などをすれば、多くの人は乳首の色を薄くすることができるはずです。
ただ、唯一のネックは所要時間です。乳首の黒ずみは長い時間をかけてじっくりと黒ずんでいったものですので、このような自然療法ではどうしても時間がかかってしまいます。

それでは、「できるだけ早くピンク色にしたい!」という人はどうすればよいのでしょうか?
そんな人には、病院での治療をオススメします。

効果大!塗り薬による治療

皮膚科や美容外科などへ行くと、まず検討されるのが塗り薬による治療です。美白成分の配合された薬を塗ることで、リスクを最小限に抑えつつ高い効果を得ることができます。

スキンケアへの関心が高い女性であれば「ハイドロキノン」や「トレチノイン酸」といった成分の名前をご存知なのではないでしょうか? いずれも高い美白効果が証明されている成分で、専門のクリニックでは、こうした成分の配合された塗り薬を処方してくれるのです。

これらは市販の美白化粧品にもよく配合されていますが、効果が強すぎたり、成分が変質しやすかったりというデメリットがあります。そのため乳首のようなデリケートな部位に塗るにはリスクもあるのですが、医師によって適切な指示をしてもらえるのであれば安心です。市販品とまったく同じ有効成分だったとしても、病院にかかりながらでは効き目が段違いです。個人個人に適した処方をしてくれることでしょう。

ただし、それでも効果が出るまでには1~3ヶ月程度要することがありますので、「今すぐ!」という人には不向きかもしれません。

速効性ならレーザー治療がベスト

どうしてもすぐに黒ずみを除去したいという人であれば、レーザー治療という選択肢もあります。

レーザー治療というと、傷跡を除去したり刺青を消したりといった用途を思い浮かべる人もいるかもしれません。ああいった従来のレーザー治療の場合には、出力にムラが出やすいというデメリットがありました。しかし近年では、よりデリケートな部位に適した、ムラの少ないレーザーが出てきています。

乳首の黒ずみに最適化したレーザーであれば、痛みもなく、炎症を起こすリスクも少ないままに治療を行うことが可能です。

ただしデメリットとしては、費用が高くなってしまうという点を挙げられます。しかも何度も通わないといけませんから、最低でも15万円程度は覚悟しなければなりません。また、リスクが少ないとはいえ副作用の可能性もゼロではありません。ムラができて現状より汚らしくなることもあるので、じっくりと考えてから施術に望むようにしましょう。

どうしても急ぎたい人以外はやめておく方がいいかも…

ここまで見てきたように、病院での乳首の黒ずみ治療には、リスクやコストがかかります。何らかの事情があってすぐに治したいという人や、経済的な余裕がたっぷりあるという人でない限りは、美白クリーム等で時間をかけてじっくり改善を目指すほうが無難かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!