処理後のブツブツとはこれでサヨナラ!正しい陰部のムダ毛対策

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

女性がいつもキレイでいるためには、ムダ毛処理は欠かせません。脚や腋といった目につきやすい部分はもちろんのこと、もしものときのためにデリケートゾーンについてもしっかりと処理しておきたいところですよね。

しかし、あなたのそのムダ毛対策、本当に間違っていませんか? ムダ毛処理後の肌トラブルに悩んでいるという人は、もしかしたら処理の方法が間違っているのかもしれません。

特に多い悩みとしては、カミソリでムダ毛処理をしたあとに黒いブツブツができてしまうというもの。これでは、処理前よりもかえって汚らしい見た目になってしまいかねません。

今回は、陰部のムダ毛処理後の黒いブツブツについて、その原因や予防・改善方法をまとめてみました。

黒いブツブツはこうしてできる

黒いブツブツは毛穴に短く残った毛

ムダ毛処理後の黒いブツブツの正体は、基本的には「剃り残しの毛の断面」です。

カミソリというのは根本から毛を抜くものではなく、あくまでも表面を剃っているだけですから、どうしても毛穴の奥深くの部分は短く残ってしまいます。それでも、毛穴が小さかったり毛が細かったりすれば、気になるほどのブツブツにはなりません。

しかしここで問題がひとつ。毛穴は、カミソリによる自己処理を繰り返しているとどんどん開いてしまうのです。そのため奥深く残っている毛根の部分が見えやすくなってしまい、結果的に黒いブツブツになってしまいます。

また、肌が弱くカミソリ負けする場合には赤いボツボツができますが、そうして炎症を起こした部分に毛が埋まってしまうというケースもあります。

自己処理によって悪化させることも多い

もうひとつ、大きな原因として「逆剃り」や「二度剃り」といった不適切な自己処理を挙げることもできます。

黒いブツブツができてしまうと、やはり誰しも気になるもの。そこでついついその部分にカミソリをかけたくなってしまいますが、実はこれこそがブツブツをよけいに悪化させる原因です。

逆剃りをしてしまうと毛穴がますます開いてしまいますから、ブツブツもよりはっきりと見えやすくなります。また、二度剃りは炎症の元ですので、肌荒れを招いてかえって汚らしくなってしまうこともあるでしょう。また、炎症が繰り返されると色素沈着をしてしまい、より対策の難しい黒ずみにもなりかねません。

ブツブツを気にするあまりによけいに悪化させてしまい、対処のしようがなくなってしまうということも多いのです。

黒いブツブツを予防するには

黒いブツブツを作らないためには、正しいムダ毛処理の方法を知ることが大切です。ここでは、3つの予防法をご紹介しましょう。

(1)カミソリを正しく使う

カミソリの使用法というのは、意外と正しく知られていないものです。まず、古い刃を使用するのはやめましょう。これだけで黒いブツブツは減るはずです。また、毛の流れをしっかりと意識し、絶対に逆剃りをしないように気をつけることも大事です。

意外と多い間違いとしては、専用のシェービングクリームではなくボディソープなどを使ってしまっているケースもあるでしょう。

(2)ムダ毛処理のタイミングは体と相談する

どのような方法を使っても、ムダ毛処理というのは毛穴や肌細胞に少なからず負担をかける行為です。ですから、負担をできるかぎり減らすことも大切です。

いくら気になるからといって、毎日剃ることは絶対にNGです。また、風邪や寝不足などのときも避けるべきですし、生理中もやめるようにしましょう。

(3)そもそも自己処理をしない

最もシンプルかつ確実な方法は、一切の自己処理をやめることです。脱毛サロンで専門家に脱毛してもらえば、黒いブツブツができるリスクは最小限に抑えることができるでしょう。

脱毛サロンというと高価なイメージもあるかもしれませんが、近年では比較的安価なサロンも登場してきています。また、クーポンなどを利用すると割安で利用できることもありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

改善方法

すでに黒いブツブツができてしまっている人であれば、「今さら予防法を知っても……」と思うかもしれません。もしかすると、無理やりピンセットなどで毛を抜こうとしてしまう人もいるのではないでしょうか。

ですが、これだけは絶対にやめましょう。無理に毛を抜くと毛穴がさらにダメージを受けますので、黒いブツブツがより一層できやすくなってしまいます。

外科的な方法に頼らずに黒いブツブツを改善しようと思ったら、焦りは禁物です。保湿などのスキンケアを怠らないようにして、肌細胞のターンオーバーを促しましょう。時間をかけて細胞が生まれ変わるのを待ったら、それ以降は正しいムダ毛処理法を心がけるとよいでしょう。

すぐに結果を出したいという場合には、レーザー脱毛を検討するのが最善の方法となります。

まとめ


ムダ毛処理後の肌トラブルは、ほとんどの場合、処理方法に問題があります。とはいえ、陰部のムダ毛処理のやり方なんてなかなか他人に相談できるものでもないでしょう。

まずは、正しいカミソリの使い方をしっかりと学び、保湿を怠らないようにすることからはじめるのが悩み解決の第一歩となります。経済的に問題がないようであれば、脱毛サロンを利用するのがベストチョイスとなります。

いずれにせよ、間違った自己処理だけは絶対にやめるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!