総まとめ!人気の美白成分の特徴と効果

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

美白は女性にとって永遠のテーマです。見える部分はもちろんのこと、乳首や陰部のような見えない部分についても、できるだけ白く美しい状態をキープしておきたいもの。ニーズの多さもあって、ちまたには非常に多くの美白化粧品が溢れていますよね。

しかし、ニーズが多すぎるというのもまた難しい問題です。さまざまな美白化粧品が乱立することによって、どれを選んだらよいのか悩んでしまう人も増えているのではないでしょうか。

ここでは、人気の高い美白成分について、その特徴や効果をあらためてまとめてみました。美白化粧品選びの参考にしてください。

人気の3大美白成分

(1)ハイドロキノン

人気も知名度も高い美白成分といえば、ハイドロキノンでしょう。かつては医療現場でしか扱うことのできない成分でしたが、2001年に薬事法が改正されてからは市販の化粧品にも利用できるようになりました。

美白効果は抜群で、使用しても効果を実感できないという人はめったにいないのではないでしょうか。ただし、効果が強いということは刺激も強いということです。使い方を間違えると肌荒れやただれの原因となりますし、最悪の場合には白斑となって一生残ってしまう可能性もあります。だからこそ、以前は医師の許可がないと使えなかったわけです。

乳首のような繊細な部位に使うにはリスクも高いので、どうしても使用したい場合には専門家の意見を聞く方がベターでしょう。

(2)トレチノイン酸

トレチノイン酸も人気のある成分です。もともとはアメリカでニキビ治療薬として使われていたもので、強力なターンオーバー作用をもっています。塗ると数日以内に皮膚の角質層が剥がれはじめ、やがてキレイな肌を実現するというメカニズムです。

こちらも効果は抜群ですが、やはり刺激も強めです。また、使用中は肌本来が持っているバリア効果が薄れてしまいますので、その間に強い刺激を受けるとよけいに黒ずみが悪化するという可能性があります。乳首のようなデリケートな場所への使用は慎重にならなければいけません。

(3)ルミキシルペプチド

最近になって俄然注目度が高まっている美白成分としては、ルミキシルペプチドも忘れてはいけないでしょう。

黒ずみやシミの原因物質といえばメラニン色素ですが、ルミキシルペプチドはメラニンの生成を抑制する効果をもっています。さらに、メラニンの材料のひとつであるチロシナーゼという酵素までをも抑制してくれます。そのためメラニン抑制効果は、なんとハイドロキノンの17倍にも上ります。

ただし、注意しなければならないのは「美白効果が17倍」というわけではない点。ルミキシルペプチドはあくまでも新規のメラニン生成を抑えるだけで、すでにあるメラニンを除去してくれるわけではありません。その点ではハイドロキノンやトレチノイン酸の方が優秀です。

まとめ

以上のように、美白成分はそれぞれ一長一短です。「これさえ使えば100%確実だ!」という成分は存在しません。だからこそ、それぞれの長所を生かして上手に活用する必要があります。

こうした有効成分を単体で使うよりは、さまざまな成分を絶妙に配合した美白化粧品を使用する方が安全かつ効果も高くなるはずです。成分だけで選ぶのではなく、陰部だと「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」、乳首だったら「ホワイトラグジュアリープレミアム」といったような口コミ人気の高い美白化粧品を選ぶ方が、速効性はないかもしれませんが副作用なく確実に美白してくれます。

参考:ハーバルラビットで黒ずみを消す

参考:ホワイトラグジュアリープレミアムの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!