ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

かなり多くの女性が抱えているにもかかわらず、ほとんど大っぴらには相談されないお悩みがあります。それは、デリケートゾーンに関するお悩み。特に、「陰部の黒ずみ」について悩んでいる場合には、友達はもちろんのことお医者さんにだって相談しにくいですよね?

場所が場所だけに、そうそう他人から見られる部分ではありませんが、だからこそ、見られるとしたら相手は大切な人のはず。「陰部が黒い」というのは、やはりどうしてもイメージが悪いものですし、できることならば、白くキレイな色に戻したいところでしょう。

「でも、デリケートな部分だし、下手にケアをしてしまうのは恥ずかしいし怖い……」
と、こんなふうに考えて踏み出せずにいる人もいるかもしれません。

たしかに、陰部のケアは失敗したときのリスクも大きいです。躊躇してしまう気持ちもわかりますが、それならば正しく安全な方法でケアすればよいだけのこと。むしろそれよりも、陰部の黒ずみを放置しておくことの問題のほうが多いのです。

ここでは、そんな陰部の黒ずみをそのままにしておくことの問題点や、効果的な対策についてご紹介していきます。

陰部の黒ずみについて理解を深めよう

敵を倒すためには、まず相手のことをよく知らなければなりません。はじめに、陰部の黒ずみの原因やメカニズムについて理解しておきましょう。

黒ずみの正体は色素沈着!

陰部の黒ずみの正体は、メラニン色素です。スキンケアへの関心が高い女性であれば、シミや日焼けの原因物質としてもお馴染みですよね。そうなんです、メカニズムとしては、陰部の黒ずみも顔のシミもほとんど変わらないのです。

メラニン色素は、皮膚が外的な刺激を受けたときに作り出されます。つまり、メラニン色素はダメージから皮膚を守るために存在しているというわけです。もしメラニン色素がなかったら、私たちの皮膚細胞はすぐに活性酸素だらけになって、あっという間にシワシワになったりガンになったりしてしまうでしょう。

ですから、メラニン色素が作られること自体は人間にとって正常な反応で、病気でも何でもありません。

ただ、色素沈着となると話は別です。作られたメラニン色素の大部分は、皮膚の生まれ変わり(=ターンオーバー)とともに剥がれ落ちていきます。ところが大人になると、加齢やホルモンバランスの変化などが原因で新陳代謝が鈍くなっていきます。すると黒ずみがいつまでも肌に残ってしまって、やがて取れなくなってしまうというわけです。

陰部が黒ずむのはどうして?

世の中では、「陰部が黒い=経験人数が多い」というイメージが根強いようです。男女問わず、この説を信じ込んでいる人も多いでしょう。しかし、これはまったく科学的根拠のない誤解です。

もしかして病気?処女なのにデリケートゾーンが黒いと悩んでいるあなたへ

2017.07.22

「陰部の黒ずみ=遊んでる」説は本当?

2017.07.22

先ほど説明したとおり、皮膚が黒ずむのはダメージから皮膚を守るためです。陰部の黒ずみも、さまざまな外的ダメージが原因となります。特に目立つのは、摩擦によるダメージでしょう。

「摩擦」というと、やはり性交渉をイメージしてしまう人も多いかもしれませんが、それは早合点というもの。何もしていなくても、陰部は毎日常に摩擦を受けているからです。そう、それは下着やナプキンとの摩擦です。

それぐらいであれば大したダメージではないように感じてしまうかもしれませんが、もともとデリケートな場所だけに、小さな刺激でも積み重なると大きなダメージになります。それに比べれば、性交渉による摩擦なんて微々たるものに過ぎません。

ですから、長く生きていれば生きているほど、陰部が黒ずみやすいのは当然のことだといえます。

陰部が黒ずんでいるとこんな問題がある!

さて、それでは具体的に陰部の黒ずみに対する問題点をご紹介していきましょう。

肉体的な問題はないが……

大前提として、陰部の黒ずみは病気ではありません。黒いからといって生殖器の機能に問題が出るわけではありませんし、痛みやかゆみが出るということもないです。ニオイとの因果関係もありません(※ただし、病気が原因で黒ずむケースもありますので、 痛みやかゆみやニオイがある場合には病院に行ってみたほうが良いかもしれません)

つまり、肉体的な面だけに限っていえば、陰部が黒かろうが黒くなかろうが健康状態には一切関係ないということです。

それでは陰部の黒ずみの何が問題なのかといえば、これは精神面や環境面についてです。

遊び人だと誤解されてしまう

最もありがちな問題点はこれです。陰部の色と経験人数とが無関係であることはすでに説明しましたが、それでも、世の中にはこれを信じ込んでいる人も多いのです。特に、男性ほどその傾向は強いかもしれません。

もし、大好きな彼がそのタイプだったとしたらどうでしょう? ベッドの上で、男性は女性が思っている以上に陰部をじっくりと見ています。遊んでいるのが事実かどうかは問題ではありません。彼はあなたに幻滅してしまうことでしょう。

自分に自信が持てなくなってしまう

あなたの大切な人が陰部の色を気にする人かどうかはわかりません。ですが、たとえ「気にならない」と口で言ってくれたとしても、こちら側は気になってしまうのが女心というもの。さほど太っていなくてもダイエットばかりしている女性は多いですよね。美容に気を遣っている女性であればあるほど、一度気になると止まらなくなりがちです。

しかも陰部の色というのは、場所が場所だけに他人と比べることもできませんし、どんな色が標準なのかも明確ではありません。正解がない悩みにこだわっていると、コンプレックスはどんどん強くなってしまいます。

コンプレックスの悪循環に陥ると、やがて自分に対しての自信を失ってしまうということにも繋がるでしょう。コンプレックスがあるばかりに恋愛に積極的になれないという人も多いのではありませんか?

陰部の黒ずみを消す方法とは?

自信を取り戻してステキな恋愛を楽しむためにも、陰部の黒ずみは解決できるに越したことはありません。また、女性は自信を持てば持つほどにキレイになっていくものでもあります。黒ずみの解決方法を見ていきましょう。

速効性があるのは手術だけれど……

最も簡単に黒ずみを取り除く方法は、手術を受けることです。陰部の黒ずみ除去術はすでに確立されていますので、よほど重度でないかぎりはすぐに解決することができるでしょう。

ただし、保険は利きませんから費用は15万円以上とかなり割高になります。また、実際の手術の方法としては小陰唇を切除することになりますので、抵抗感のある人も多いことでしょう。万一失敗した際のリスクも甚大です。

「どうしても今すぐキレイにしたい!」という人以外は、まず別の方法から試してみましょう。

速効性ならいちばん!手術で陰部の黒ずみを消す方法って?

2017.07.22

専用の美白クリームや石鹸が効果的

陰部の黒ずみは、メカニズムとしては顔や脚のシミと変わりません。ですから、美白化粧品を利用することでも白い色を取り戻すことができます。

しかしながら、ここで注意したいポイントがひとつ。陰部は体の中でも特にデリケートな場所です。そのため、ほかの場所に使っても平気な化粧品であっても、陰部に使うには刺激が強すぎるというケースもあるのです。

有名なハイドロキノンやトレチノインといった成分は高い美白効果を持っていますが、効果が強いということはそれだけ刺激も強くなります。かえってダメージを与えてしまって黒ずみが悪化することもありますので、陰部への使用はオススメできません。

陰部に使用する際には、陰部専用の低刺激な商品を利用する必要があります。たとえば美白クリームとしては『ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム』や『薬用イビサクリーム』、美白石鹸としては『ジャムウソープ』などが人気です。これらの美白用品は低刺激のためすぐに効果が現れるわけではありませんが、地道に毎日使用していれば高い効果が得られます。

気になるあそこも美白を実現!陰部の黒ずみを解消する方法

2017.07.22

参考:ハーバルラビットで黒ずみを消す

参考:薬用イビサクリームで黒ずみを消す

参考:ジャムウソープで黒ずみを消す

効果の点では美白クリーム、使いやすさの点では石鹸に軍配が上がります。自分の生活スタイルに合わせて上手に使用できるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 陰部の黒ずみの原因と問題点について、あらためて理解を深めることができたのではないでしょうか。

黒ずんでいるからといって健康面での問題はありませんが、精神的なストレスが溜まると心の健康は大きく害されることとなるでしょう。美白対策をするだけで元気にもなれて自信もつくのですから、気になる人は気軽に黒ずみケアを実施してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!