きれいなピンク色の女性器は取り戻せる!?黒ずみの原因と解決法

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!

女性の体は複雑なものです。それだけに、日頃から体についての悩みを抱えているという人も多いことでしょう。特にデリケートゾーンなど、女性特有の機能に関する部分の悩みは深刻です。

そんなデリケートゾーンの悩みの中でも、意外と多いのが「女性器の黒ずみ」についての悩み。「若いころはもっとキレイなピンク色だったはずなのに、ふと鏡を見たらいつのまにか黒くなっていた!」と自分で自分に驚いてしまう女性も多いといいます。

しかし、女性器の黒ずみについての悩みなんて、なかなか友達や家族にも話せませんよね? そこで、このページでは女性器をキレイなピンク色に戻すために、黒ずみの原因と解決方法をあらためてご紹介しましょう。

黒ずみの正体は色素沈着

簡単に説明してしまうと、女性器の黒ずみの正体は色素沈着です。お肌の色のおおもとであるメラニン色素が作り出されて女性器に定着してしまうことで、女性器はどんどん黒ずんでいきます。

スキンケアへの意識が高い女性であれば、メラニン色素というのがどういう存在であるかはご存知の人も多いことでしょう。メラニン色素は、外部からの刺激があったときに皮膚を守ろうとして作り出される色素です。日焼けやシミの原因物質としてもお馴染みですね。

新陳代謝が活発であれば、一度肌が黒くなったとしてもそのうち細胞が生まれ変わって元の色に戻ります。子供の頃って、日焼けしてもいつのまにか元の肌に戻ってましたよね? それと同じ仕組みです。

ところが、人間は大人になるにしたがって新陳代謝が衰えていく生き物です。また、女性の場合にはホルモンバランスの変化もありますから、細胞のターンオーバー(生まれ変わり)も不安定になりやすい傾向があります。すると、黒ずんだ皮膚がなかなか剥がれおちてくれず、そのままシミや黒ずみとなってしまうわけです。

女性器に色素沈着が起こる原因

それでは、女性器に色素沈着が起こるのはどういった場合なのでしょうか。

先ほど説明したように、メラニン色素は皮膚を守るために生成されます。つまり外部からの刺激があると黒ずんでいくのですが、女性器というのは全身の中でも非常にデリケートな部位です。そのため、わずかな刺激であっても女性器の場合は黒ずみの原因になるのだと覚えておきましょう。

最も代表的な刺激としては、下着やナプキンとの摩擦があります。一回一回は大した刺激ではないかもしれませんが、ほぼ毎日24時間ずっと摩擦があるのだと考えれば、どれだけ女性器が刺激を受けているのかは理解できるでしょう。また、ムダ毛処理をしたり生理中に蒸れたりすることも、色素沈着の原因です。

ですから、大人の女性であればただ生きているだけでも少しずつ黒ずんでいくのは仕方がないことなのです。

女性器の黒ずみ対策はこうする

きつい下着は身につけない

まず、明日からでもすぐにできる予防法としては、下着のサイズを見直すことです。きつい下着をつけているとその分摩擦も大きくなります。そこで、ややゆったりとした下着をつけるようにするとよいでしょう。矯正下着なども避けなくてはいけません。

生活習慣を改善してホルモンバランスを整える

色素沈着はホルモンバランスと密接な関係にあります。ですから、生活リズムや食生活などを見直すことで、肌細胞のターンオーバーを少しでも正常化することができるでしょう。過剰な飲酒や喫煙などをやめるだけでもホルモンバランスは整います。

美白クリームを利用する

すでに説明したように、女性器の黒ずみも顔やお肌のシミと同じメカニズムで生まれるものです。ですから、美白クリームを利用することでキレイなピンク色を取り戻すこともできます。

ただし、女性器はとてもデリケートな部分です。商品の選び方を間違えると刺激が強すぎてかえって逆効果になる場合もありますから、よく気をつけるようにしましょう。『ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム』など、女性器にも使える美白クリームはたくさんありますので、専用の商品を利用するようにしましょう。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの評判

2017.07.23

イビサクリームの評判

2017.07.23

参考:ハーバルラビットで黒ずみを消す

参考:薬用イビサクリームで黒ずみを消す

まとめ

ここまで見てきたように、女性器の黒ずみは長く生きていれば仕方のないことではあります。しかし、だからこそキレイなピンク色を取り戻すことができれば、女性としての美しさにも磨きがかかるというものでしょう。

長い時間をかけてできた黒ずみですから、除去するにも時間はかかりますが、じっくりと付き合っていけば必ずや効果は現れるはずです。原因と対策をよく理解して、昔のようなキレイな女性器を取り戻したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

気になったことや知らないことを徹底的に調べることを得意としています。このブログでは調べたこと&実践してみた結果などを中心にアップしています。記事では出来る限り正確な情報を掲載していますが、万が一間違った情報が掲載されていた場合は、ページ下部のお問い合わせフォームやコメントからお知らせいただけると非常にありがたいです。また、記事についての質問などもドシドシ受け付けています!!